水漏れ以外のトラブルに見舞われることもある

世の中にはいろんな形の水漏れトラブルがありますが、まれに蛇口 交換が必要になることもあります。蛇口に関するトラブルにも色んなタイプがありますが、水漏れ以外のトラブルも珍しくありません。

■水漏れ以外のトラブルの様々な症状

以前に比べて出てくる水の量が減ったという場合、珍しい故障に驚くかもしれません。原因として、水が出てくる部分についているフィルターのところに何かが詰まっていることが考えられます。いつも水が出てくるところなのにフィルターに何かが詰まるのはおかしいと思うことでしょう。
鉄製の配管の場合、少量のサビが水と一緒に運ばれてくることがあります。最初は少量だったとしても、水道を毎日使っていればそれがどんどん溜まっていき、やがて水の出が悪くなります。
改善方法としてフィルターをキレイにすれば水の出方が以前のように戻ってくれますが、キレイにしても出てくる水の量が変わらない場合は他の原因が考えられるので早めに専門業者に相談しましょう。蛇口の交換で改善されることもあります。

■水が濁っている

蛇口からでてくる水が濁っていることもあります。例えば、赤っぽい色をしているときは配管の中で錆が生じている場合があります。しばらく水を流していると透明のキレイな色に戻りますが、赤っぽい色がいつまでも出続ける場合は配管の交換が必要になる可能性が大きいです。早めに修理業者に連絡を入れましょう。
もしも水が白っぽい場合、これは水の中に気泡が含まれていることで白っぽく見えています。そのまま放置しておくと水の色が透明になるはずです。もしも白っぽいまま色が戻らない場合は水の中に何か含まれている可能性があるので、こちらも早めに修理業者へ問い合わせしてください。

■まとめ
水漏れ以外のトラブルでも、場合によって蛇口 交換が必要になったり、修理業者に対応してもらう必要があるので、どちらの場合も出来る限り早めに連絡を入れて早急に改善してもらいましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ